シェア生活.com
シェアハウスライフを応援する 総合ポータルサイト
掲載物件数 681 お気に入り 0
本日の新着 0 問い合わせる
シェアハウス探し シェア生活.comトップ > シェア生活Q&A

シェア生活Q&A

カテゴリー:コラム

しっかり確認!シェアハウスを探す時の3つの注意点

シェアハウスの原型『ゲストハウス』とは?

良いシェアハウスを見つけるためには注意したい3つのポイントがあります!
シェアハウスを探している人、まさに契約しようとしている人、注意点をしっかり確認して快適なシェアライフにしましょう。

注意点1:怪しい業者には気をつけて!

シェアハウスはTV番組で取り上げられた事により、最近になって人気が急上昇しました。

そのブームにあわせて、シェアハウスを管理・運営する会社もたくさん増えたのですが、その中には怪しい業者や悪徳な業者もあります。
まずそんな怪しい業者の注意点を挙げてみましょう。

・一部屋だったものを仕切りで無理やり二部屋に分けている部屋がたくさんある
・2畳くらいしかない極端に狭い部屋が多い
・ホームページに載せている写真と実際の部屋の差が大きい
こういう業者には気をつけましょう!

部屋を仕切りで分けるというのは、やり方によっては何の問題もありません。
しかし、部屋の数を増やして住民を増やしたい=賃料を増やしたいという発想が見え見え!
本当に住む側の事を考えてくれている業者かどうか怪しいです。

注意点としては、しっかり内見をさせてくれるかどうか、質問した事に対してちゃんと細かく答えてくれるか
確認してみましょう。

注意点2:粗悪物件が急増中!?

2つ目の注意点は実際に住むシェアハウスの状態についてです。
みなさん「脱法ハウス」というのを聞いたことがありますか?

シェアハウスの中には法律をしっかり守っていない粗悪物件もあり、通称「脱法ハウス」と呼ばれメディアでも
話題になりました。
火災報知機をしっかりつけていないシェアハウスや、避難経路がちゃんと確保されていないシェアハウスなど。
住む側の安全をちゃんと考えてくれていないシェアハウスには注意しましょう!

他にも注意点として、手抜きのリフォームで壁の薄いシェアハウスや空調の効かないシェアハウスなど実際住んでみたら
ストレスだらけという粗悪物件もあります。

契約する前に実際に物件をチェックして、部屋の状態や火災に対する設備がしっかりしているか確認して決めましょう。

注意点3:賃貸契約は慎重に!

3つ目の注意点は実際にシェアハウスと契約する時の内容です!
堅苦しい言葉で内容がびっしり書いてある契約書、あまりちゃんと目を通さずにサインしてしまう人も多いですよね。

でも内容をしっかり確認しないと思わぬトラブルになってしまう事があります。

・預かり金がかえってこない!
・退去しようとしたら契約期間が残っていて残りの賃料を請求された
・退去時になぜか半年分の賃貸料を請求されてしまった
契約のトラブルはこういったお金に関しての事が多いので、より慎重に進めるようにしましょう。
ちゃんとした不動産業者を通さずに運営しているシェアハウスの会社などは、契約内容に不備がある事もあります。

また、シェアハウスは普通の賃貸契約とは少し内容が異なっている部分もあり注意点が多いのです。
契約内容を隅々までしっかり読んで、内容を理解し、納得してから契約するように気をつけましょう!

COPYRIGHT©Y Campany Co.,LTD ALL RIGHT RESERVED